外貨MMFとFXの違いとは

外貨MMFは長期的な資産を形成するのに適しているといえるでしょう。外貨預金の代わりに使われることもあるくらいですから、基本的には長期投資だと考えられます。毎月一定金額ずつを買い付けるという方法もとられますし、高金利通貨に投資をして高い利息収入を得る方法もとられますが、やはりどの場合であっても長期投資に適していると考えられます。
FXはどちらかというと短期売買に適しています。最近では手数料が無料の取引業者がたくさんありますし、スプレッドもかなり狭くなってきています。ですから、短期売買をするのに適していると考えられるのです。
もう一つの違いとして把握しておかなければならないのがショートポジションについてです。FXでは円高局面になれば、ドルを売って円を買うというポジションを取ることができます。ショートポジションを取ることができますから、円高局面であっても対応することが出来るのですが、外貨MMFではこれは出来ません。基本は外貨ロングのポジションしか取ることができませんから円高局面には対応しにくいといえるでしょう。この意味でもやはり短期的な取引には適していなくて、円高のときに買い集めて長期的に保有するという方法が適しているのです。

マイカーローンと言えば、何に使うローンだと皆さんは認識しているでしょうか?
一般的には自分が今乗っている車を廃車にして、新しい車に乗り換える費用として使う物というイメージが強くありませんか?
もちろんマイカーローンの最大の利用目的は、車を新しくするための費用を捻出するために用いるものではあるのですが、マイカーローンの使い道は別に車購入費用の身という制限がかかっている訳ではありません。
マイカーローンと銘打っているのですから、車に関する使い方をすればマイカーローンの使い道は幅広くなるというものなのですが、マイカーローンを車購入以外に使う使い道としては、今乗って居る車が事故にあったとき、急な故障が行ったときに修理する修理費用にもマイカーローンを利用することが可能です。

【引用】http://www.9upgoo.com/